スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
If you give a mouse a cookie
『If you give a mouse a cookie』 by Laura Joffe Numeroff


もしねずみにクッキーをあげたらどうなる?

有名なシリーズで、日本語訳も出版されています。
挿絵は以前紹介した『Big Red Barn』のFelicia Bond。
描きこみの丁寧さは前作同様、Mouseのファニーな表情がたまらなくキュートです。

この本はprediction(予想)を促す本として有名なようです。
~したら次はどうなる?
~の時どうすると思う?

こんなふうにPredictionしながら本を読みすすめて行くことは、
考えながら読むという力をのばすために大切なプロセスなのだそうです。

Predictionを知ってから、時々生活の中でも取り入れるようにしています。
「If we drive a car too fast, what gonna happen?」
「Car is broken.」
「so we should keep safty drive, shouldn't we?」
という感じです。

この本では、クッキーをあげたら何が起こるか、次は何が起こるか、
そして最後は・・・何が起こるかはページをめくってからのお楽しみ。

4~5歳ぐらい。
スポンサーサイト
【2006/03/15 00:57】 I-L | トラックバック(0) | コメント(1) |
Little Cloud
『Little Cloud』 by Eric Carle



空に浮かぶ小さな雲は自由に形を変えていきます。
それは自分が空から見たことのあるものやあこがれていたもの・・・。

空と雲の絵が中心なので、他の作品に比べると色彩の鮮やかさはありませんが、エリック・カールらしくのびのびとした絵です。

空の雲を見て、なにかを想像したことは誰でもあるんじゃないでしょうか。この本を読んでからは、そらまる(息子)は空の雲を見て「wow,big cloud!」とか「so many shapes.」などと言っています。雲がいろいろな形に変わることに興味を持ち始めた時に読むと、子供の想像力が広がるかもしれませんね。

大きくはっきりとした絵なので赤ちゃんも好きかも。
0~3歳ぐらい。
【2006/01/13 00:05】 I-L | トラックバック(0) | コメント(0) |
Is That You, Santa?
『Is that you, Santa?』 by Margaret A. Hartelius



クリスマスイブの夜、いつサンタクロースが来るか気になって仕方ない男の子。物音がするたびに「サンタさんだ!」と思って見に行くのですが・・・

文のところどころがサイトワーズ(sight words)になっています。
例えば「Santa is coming soon」という文では、Santaのところにサンタさんの絵が描いてあります。
最初読みずらいな~と思っていたのですが、この本にも書いてある通り、自分で読む練習をする子にはいいかも。
あちらの本は表紙の裏に This book belongs to (your name) というふうに自分の名前を書くところがあります。名前の下に I have read it all by myself!(自分で全部読めたよ!)と書いてあり、なんだかほほえましいです。
自分で初めて本を読めるようになったのはいつの頃だったか・・・

Munch, munch(むしゃむしゃ)など、いろんな擬音が書いてあるので、日本語と比べてみても面白いと思います。

3~5歳ぐらい。
【2005/12/13 01:14】 I-L | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |

calendar

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

links

search

template
by
amycco.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。